POSがあれば勤怠管理も楽になる|企業に欠かせないアイテム

格安で導入できます

レジスター

使い方を工夫しましょう

設備改編でポスレジの導入を検討している店舗も多いことでしょう。ポスレジは従来のレジのように営業終了時にわざわざ集計作業を行わずともオンライン上で自動的に計算されるため、閉店後の手間を大幅に省くことができます。また売り上げ管理以外にも在庫管理やマーケティングが行えるのも大きな特徴です。たとえば在庫数・販売数・販売時間などをリアルタイム確認することで、その後の経営方針なども瞬時に判断できるようになっています。このポスレジは従来までの機械式とは異なるITを利用したシステムです。そのためアプリをダウンロードした機能拡張も容易となっています。このように便利なポスレジではありますが、導入する際には自店舗の規模やサービス内容に合わせて最適なシステム運用をすることが大切です。不必要にポスレジの機能を多様化してしまうと、現場で利用するスタッフが混乱することに加えシステムの維持管理も複雑化する要因となってしまいます。これから店舗にポスレジの導入を検討している方は、以上のような点を参考にして扱いやすいシステム構築を行うようにしましょう。またポスレジの導入費用は従来のレジよりも格段に安くなっています。メインとなるポスレジを1台導入しておけば、あとは市販のタブレットでネットワークを構築して子機を増設することも可能です。子機は店舗内での持ち運びも簡単となっているので、使い方次第でサービスを飛躍的に拡大することができるなど大きな可能性を秘めています。