POSがあれば勤怠管理も楽になる|企業に欠かせないアイテム

会社秘書が必要です

ビル

税制のメリットがあります

香港は、中華人民共和国の南部にある特別行政区です。1997年に、香港はイギリスから中華人民共和国に返還されています。香港は一国二制度のもと、大きく経済発展をしています。香港は東南アジア有数の経済の中心地となっており、世界各国の大手銀行や大手企業が支店や営業所などを設置しています。中国ビジネスを展開する上で、香港は重要な役割を担っています。香港はオフショア地域といわれており、他の国の法人税率よりも低く設定されています。香港の税制では、赤字を永久に繰り越すことができ、また、キャピタルゲイン課税がありません。そのほか、事業の収益をえるためにかかった経費は全額が損金に算入することができるなど税制面のメリットがあります。そのため、多くの企業が現地法人を設立しています。香港で会社設立を行うには、新規に会社を設立する方法とシェルフカンパニーを購入する方法の二つの方法があります。シェルフカンパニーは会社の転売目的のために設立された会社のことで、簡単に購入することができます。香港で会社設立を行う際には、会社秘書を選任しなければならないとされています。会社秘書は、会社の法定書類を作成したり、登記、保管する業務を担当しています。会社秘書は、香港の居住者か法人でなければなりません。会社設立を専門に行う会計事務所が多数あり、会社設立の支援を行ってくれます。多くの会社秘書は、会社設立業務を担当した会計事務所などが代行しています。