POSがあれば勤怠管理も楽になる|企業に欠かせないアイテム

販売管理だけでない新機能

レジ

出勤データも効率的に管理

従来のレジスター装置にコンピュータ・システムを組み込み、販売情報をリアルタイムで集計できるようにしたのがPOSレジシステムです。現在では小売店や飲食店・美容サロンなど業種ごとに特化したPOSレジシステムが製品化されており、店舗経営に欠かせないIT技術として普及が進んでいます。単なる販売情報の管理システムにとどまらず、在庫管理・顧客管理から勤怠管理に至るまでの機能が統合されたPOSレジシステムも少なくありません。例えば小売店向けのPOSレジシステムはバーコードリーダーを備えており、会計時に販売された商品が価格や時刻といった属性データとともに記録されます。これによって単品または部門単位での時間帯別売上データが集計可能となるだけでなく、在庫調整や発注作業も効率化されてミスを減らすことができるのです。飲食店向けPOSレジシステムではバーコードリーダー等を省いたシンプルな機能に特化しており、持ち運び可能なタブレット型が主流となっています。このようなPOSレジシステムは業種によって求める機能が大きく異なりますが、大半の店舗で必要とされているのは勤怠管理機能です。レジを使ってタイムカードと同様に打刻された勤怠データはそのままサーバー上に記録されますので、シフト管理や給与計算ソフトとの連携も容易になります。給与明細作成までをPOSレジシステムで完結できる製品も登場しており、専用の給与計算システムを導入する余裕のない小規模店舗の業務負担軽減に役立っているのです。勤怠管理機能を備えたPOSレジシステムを導入するだけでもタイムカードが不要になりますので、面倒な入力作業から解放されます。簡単なタッチパネル操作で出退勤から休憩・外出まで打刻できるため、従業員にとっても負担が軽いシステムです。多くの機能が統合されたPOSレジシステムを導入することで店舗経営が合理化され、コストダウンにもつながります。

宅配

宅配で売上を伸ばすには

自社の店舗の売上を伸ばすために、宅配出前システムを導入するところが増えています。導入にあたっては宅配コンサルタントに依頼しましょう。依頼方法は、まず宅配コンサルタント会社を選定して、自社の店舗情報を提示すると商圏にあった宅配システムを提案してくれます。

レジスター

格安で導入できます

話題のポスレジは様々な機能を添付できる点が魅力となっています。売り上げ管理が従来よりも簡単となっているほか、在庫管理やマーケティングにも役立つなど従来のレジよりも使い勝手が大幅に向上しています。このポスレジはIT技術がベースです。そのため拡張性にも優れているのでコストパフォーマンスが抜群です。

ビル

会社秘書が必要です

イギリスから中国へ返還された香港は、現在経済において大きな発展を遂げています。香港では法人税率が他国に比べて低く設定されているため、税制で有利な面が多くあります。香港で会社設立をする際には、法的な書類の作成や登記、保管などを行なう会社秘書が必要となります。